射出成形という加工方法

プラスチックは普段の生活において欠かせないものです。身の回りにある多くの製品にはプラスチックが使用されており、部屋の中にあるもののほとんどはプラスチック製品であることも珍しくありません。しかし、当たり前のことすぎて意識せずに生活している人も多いでしょう。具体的にはテレビやスマートフォン、パソコン、ゲーム機、プリンター、洗濯機などの電化製品にはプラスチックが使われています。

また、飲み物のペットボトルやシャンプーなどの容器、ハサミの取っ手など非常に多くのものがプラスチックによって作られているということです。実はプラスチック製品というのは射出成形という加工方法で作られています。あまり知られていないかもしれませんが、これはプラスチックの加工方法の一つです。高温でプラスチックを溶かし、金型の中に押し込んで冷却するというシンプルな方法です。

この加工方法の特徴として、一度金型を作れば複雑な形状のものでも高品質で作れるということが挙げられます。最大のメリットは生産性の良さであり、短時間で大量のプラスチック製品を生産することができます。製品の種類によっても異なりますが、製品によっては数秒で生産できることもあります。そのため非常に効率的な加工方法と言えるでしょう。

ですが、一定量以上の販売量が見込めない場合、金型を製造するコストが高いので使用することはできません。昔の射出成形は熱で溶かしたプラスチックを機械で金型に流し込むという力仕事でした。しかし、現在の射出成形は機械化されています。もちろん全てを機械に任せているというわけではありませんし、技術力によって製品のクオリティは左右されます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*