射出成形を行う装置の構造と加工方法について

加熱した合成樹脂などを金型に流し込んで製品を製造する装置は射出成形機と呼ばれています。この装置には成形条件を制御するためのコントローラーの他に、射出部と型締部が存在します。コントローラーは射出成形の速度や圧力、シリンダー温度や金型温度などを制御する装置です。最近ではNC化が進んで自動化されているため、経験の浅いスタッフでも簡単に射出成形によって高品質な製品を製造できます。

射出部は合成樹脂などの材料を投入するホッパーと加熱するシリンダー、金型に送り出す噴射ノズルで構成されています。熱で溶かされた材料は射出部から金型に注入され型締部で製品が作られます。型締部は金型の装着や開閉を行う部分で、圧力に抵抗して金型を閉じたり材料の突き出しを行います。金型には固定された部分と可動する部分があり、可動部分が固定部分に接近して閉じる仕組みになっていて内部では強い圧力が発生します。

締め付ける力が弱い場合には製品にバリが発生するため、十分な力で締め付けてあるかどうかを確認する必要があります。シリンダー内で材料が溶かされて型締めが完了すると、材料を注入するためにシリンダの先端にあるノズルを金型に密着させます。金型とノズルが密着した状態はノズル接と呼ばれており、基本的のこの状態のまま連続的に加工が行われます。射出とは溶けた樹脂を速度調整しながら注入することで、射出が完了したら樹脂に一定の圧力を加えてそのままの状態を維持します。

保圧によって樹脂の逆流を防ぐことができるだけでなく、冷却によって収縮した樹脂の形状の調整もできます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*