射出成形の概要とメリットデメリットについて

射出成形とは、金型を用いた成形法です。材料を溶かして金型に流し込み、冷却して固めることで目的とする形状を得る方法で、主にプラスチックなどの合成樹脂を使用した製品や部品を製造する際に利用されています。また、溶かした材料を金型へと流し込む様子が注射器による注入のように見えることから、射出成形と呼ばれています。射出成形のメリットとしては、複雑な形状でも容易に作り出せることや、同じ精度で大量に素早く製造できることが挙げられます。

また、あらかじめ金型を用意する必要がありますが、金型を製作してしまえば、製品や部品を製造する際に材料だけを準備すれば良いので、大量生産すればするほど生産コストを抑えることが可能です。加えて、仕上げなどの後加工処理の必要がほとんどないのもメリットのひとつです。このようなメリットがあるため、日用品や電化製品など幅広い分野の製品製造で利用されています。一方で、金型の製作には一定の期間が必要なので、すぐに製品や部品の製造を開始することはできません。

また、金型の仕上げは基本的に手作業で行われるため、金型製作にはコストがかかります。そのため、大量生産しない場合は生産コストが高くなってしまうというデメリットがあります。加えて、極端に厚かったり薄かったりする形成には不向きなのもデメリットと言えるでしょう。このように、射出成形にはメリットとデメリットの両方があるため、プラスチックなどの合成樹脂製の製品や部品を製造する際に射出成形を選択する場合は、デメリットについても理解しておくことが大切です。

射出成形のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*