切削加工のメリット・デメリットについて

切削加工とは、工具を用いて金属などを削ったり穴をあけたりする加工技術のことを指します。回転させた材料に工具を当てることで削る旋削加工や、回転させた工具を材料に当てることで削るフライス加工、ドリルやリーマといった工具で材料に穴やネジ穴をあける穴あけ加工といった種類がありますが、切削加工には様々なメリットが存在します。切削加工のメリットしてまず挙げられるのは、複雑な形状でも高精度に加工できることです。しかも、近年ではコンピューターで制御して加工できるNC技術も発展しているため、プログラムするだけで加工できるようになっています。

また、成型加工のように金型を製作する必要がないため、初期費用を抑えることも可能です。加えて、最低1個からでも加工できるというメリットや、金型製作を待たずに加工を開始できることから、短納期にも対応しやすいという特徴もあります。一方、切削加工のデメリットとしては、大量生産には不向きであることが挙げられます。1個の部品を加工するのに時間がかかるため、一定時間に加工できる個数には限界があります。

また、材料となる金属を削ることで加工する技術なので、削り取った部分も含めた材料費が必要です。そのため、金型を使った成型加工と比べると、部品1個当たりのコストは高くなるというデメリットもあります。このように、切削加工にはメリットとデメリットの両方が存在するため、その両方を理解した上で最適な加工方法を選択することが大切です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*