切削加工を効果的に行うポイントとは

切削加工を効果的に行いたいのであれば、対象物や求める仕上がりに応じて最適な装置を使うとよいでしょう。実際に切削加工を行う方法には対象物を固定して工具を回転させる転削と、対象物自体を回転させる旋削の2種類があります。前者の代表的な方法がフライス加工で、回転軸に取り付けたフライス盤と呼ばれる切削工具を回転させて加工を行います。固定した対象物に断続的に工具を当てて切削加工を行うため、表面を平面や曲面にできます。

フライス加工は穴開けや溝削りなど様々な加工が可能というメリットがあります。工具を取り付ける主軸の方向によって横形や立形のフライス盤があり、本体が門のような形状の門型なども存在します。旋削の代表的な方法が旋盤加工であり、円筒形状の対象物を回転させながら主軸に固定したバイトに当てます。バイトは刃物状の工具で、回転する対象物に当てることで切削加工ができます。

旋盤加工では円筒形状の工作物の外周を円形やテーパー状にしたり、穴開けやねじ切りなどを行うことが可能です。穴を広げる中ぐり加工や溝を切りながら最後まで切断する突切りなどの可能も行うことができます。フライス加工や旋盤加工を行う装置にはスタッフが手動で動かすタイプもありますが、最近ではコンピュータによる数値制御を行うタイプが広く使われています。例えばコンピュータで加工条件を制御するNCフライスは、3DCAD/CAMソフトウェアを使い複雑な形状にも対応できます。

スタッフが手動で作業を行う汎用フライスや汎用旋盤などにも、微細で高品質な仕上がりにできるというメリットがあります。切削加工を効果的に行うには、状況に応じて最適な装置を使い分けることが大切です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*