切削加工には様々なメリットが存在します

切削加工とは工具などを使って金属の材料を削ったり穴を開けたりする技術のことで、様々な製造業の現場では工作機械が広く使われています。機械を使った工作では設計図に基づいて使用どおりに材料を加工します。一般的に工作機械はマザーマシンと呼ばれており、様々な機械や工作機械自体を製造するために使われています。工作機械は日本が得意とする工業分野の1つであり、国内の製造業を支える重要な存在です。

日本では明治時代に産業革命が起こり、世界的に有名な工作機械のメーカーが多数登場しました。製造業の現場で使われている切削加工を行う機械には、フライス加工と旋盤加工の2種類が存在します。前者は加工対象である工作物を固定して工具を回転させますが、後者は工作物を回転させる点に特徴があります。フライス加工は回転軸に取り付けたフライス盤と呼ばれる工具を回転させ、固定された工作物に工具を断続的に当てて切削を行います。

対象物の表面を平面や曲面に仕上げることができるだけでなく、穴開けや溝削りなども容易に行うことが可能です。旋盤加工は円筒形状の工作物を回転させ、主軸に固定したバイトと呼ばれる刃物状の工具を当てて加工を行います。旋盤を使うため円筒形状の工作物の外周を円形やテーパー状にしたり、穴開けやねじ切りなどが可能です。穴を広げる中ぐりや、溝を削りながら最後まで切断する突切りなどの加工も行うことができます。

切削加工は金属や樹脂材料を様々な大きさや厚さ、形状に加工できるというメリットがあります。またコンピュータ制御も可能なので設計が比較的簡単で精密なデザインができ、サイズの調整もしやすいなどのメリットも存在します。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*