射出成形で造形を作るメリットとは

射出成形とは金型を使って造形を得る方法の1つで、溶かした合成樹脂などの材料を金型に送り冷やして成形する点に特徴があります。注射器で液体を送り込むのに似ていることから射出成形と呼ばれるようになりました。この方法では複雑な形状の製品や部品を素早く大量に作ることができます。射出成形機にはサーボモータで作動する電動式以外にも、油圧モータを使う油圧式や両者を組み合わせたハイブリッド式などが存在します。

いずれのタイプも射出部と型締部、コントローラで構成されている点では共通しています。射出部は材料を溶かして金型に送り込む役割を果たしており、型締部には金型がセットされていて造形を作り出します。最近では装置のコンピュータ数値制御が行われるようになっており、成形条件を自動的に最適な状態にできます。射出成形を行うには材料であるペレット状の樹脂を投入口であるホッパーに入れ、シリンダーで加熱して溶かしてから金型に注入します。

射出部のノズルかた送り出された材料は、金型内のスプルーと呼ばれる管路とさらに分岐したランナーを通過して成形部分に流れ込みます。材料が冷えて固まったら金型が開かれて成形品が外部に取り出され、仕上げ加工が行われて完成します。この方法では1回で複数の成形品を同時に製造するのが一般的であり、溶けた材料は全ての部位に均等に流れ込まなければなりません。樹脂の選択や金型の精度、射出時の温度や速度などの条件を最適な状態にすれば高品質な成形品を素早く大量に作ることができます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*