射出成形は様々な造形を作ることができます

射出成形機を使うと素早く連続して大量の製品や部品を製造できるというメリットがあります。様々な形状やサイズの製品や部品を作ることができ、成形した後は仕上げなどの加工がほとんど必要ありません。素早く大量生産ができ、一旦金型を製作してしまえば材料を準備するだけで加工が可能なため幅広い分野で利用されています。射出成形によって作られるプラスチック製品には、ドライバーやハサミの取手の他に雑貨などの日用品など様々なものがあります。

スマートフォンや携帯電話、パソコンや自動車の部品なども射出成形で作られています。射出成形機は人々の日常生活を支える様々な製品や部品を製造するために不可欠な存在です。この装置にはサーボモータで動く電動式以外に油圧モータを使う油圧式や、両方を併用するハイブリッド式などがあります。サイズも製品によって異なりますが射出部と型締部、コントローラで構成されている点では共通しています。

射出部ではホッパーから材料を投入し、シリンダーで加熱して溶かした後に噴射ノズルで金型に注入します。型締部には可動部分と固定部分で構成される金型がセットされます。材料が注入されると内部で強い圧力が発生するので、適切な型締力で締め付ける必要があります。射出成形を行うためには成形速度や圧力、シリンダーや金型の温度の他に材料の射出量などを制御しなければなりません。

これらの射出条件を制御するのがコントローラで、最近ではコンピュータによる数値制御が行われています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*