射出成形は金型を使って造形を生み出します

高温で溶けたプラスチックを任意の形状に成形する装置が射出成形機で射出ユニットと型締めユニット、コントローラで構成されています。市販されている射出成形機には様々なサイズのものがありますが、基本的な構造はいずれも同じです。射出ユニットには材料であるプラスチックを投入するホッパーの他に、シリンダーや噴射ノズルがあります。シリンダーで材料を加熱して溶かし噴射ノズルから金型に注入します。

型締めユニットは金型の装着や開閉を行う部分で材料の圧力に抵抗して金型を閉じたり、材料の突き出しを行います。射出成形機の成形条件には速度や圧力の他にシリンダーや金型の温度、材料の射出量などがあります。これらの成形条件を指定して制御するのがコントローラーで、最近ではコンピュータによる数値制御が行われています。射出成形機は金型を使って任意の造形を生み出すことができますが、導入を検討している場合には型締め力と金型のサイズに注意が必要です。

金型には可動側と固定側があり、前者が後者に接近して金型が閉じることを型締めと呼びます。溶けたプラスチックを内部に充填すると強い圧力が生じるため、型締め力が弱いと製品にバリが発生します。内部の圧力は可動側の金型を押し開こうとするので、強く締め付けておく必要があります。型締め力が弱いと金型よりも大きなサイズになり、製品の精度が低下してしまいます。

射出成形機は金型を締め付ける力を型締め力とし、ニュートンやトンフォースのような単位で表します。装置の導入を検討しているのであれば、必要な型締め力と金型サイズのものを選ぶとよいでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*