射出成形でプラスチックなどを加工する方法について

射出成形機はプラスチック素材を熱で溶かして、金型に流し込み任意の形状に成形する装置です。プラスチック射出成形機とも呼ばれており素材の溶融や射出、成形や冷却などの工程を1台で処理できます。この装置には様々なサイズのものがありますがいずれも射出ユニットと型締めユニット、コントローラーで構成されている点では同じです。射出ユニットは材料を投入するホッパーと加熱を行うシリンダー、噴射ノズルなどで構成されています。

この部分は材料を熱で溶かして金型に注入する役割があり、型締めユニットでは金型の装着や開閉が行われます。材料の圧力に抵抗して金型を閉じた状態にしたり、材料の突き出しを行う部分です。コントローラーは速度や圧力、シリンダーや金型の温度などの成形条件を制御します。最近ではコンピュータによる数値制御が行われるようになっています。

射出成形機の金型には可動側と固定側があり、可動側が固定側に接近して金型が閉まることを型締めと呼びます。高温で溶けたプラスチック素材を金型内に充填するので、内部には強い圧力がかかります。締め付ける力が弱いと製品にバリが生じてしまうため、金型が加工物に耐えることができるかどうか事前に確認しなければなりません。金型を取り付けて溶融したプラスチック素材を注入すると、内部に圧力がかかり可動側を押し開こうとします。

より精度の高い製品を作るためには、適切な型締め力とサイズの金型を備えた射出成形機を導入することが大切です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*