射出成形でプラスチックを加工するには

射出成形は金型を使ってプラスチックなどの合成樹脂を加工する方法で、溶かした材料を金型に注入し冷やして成形を行います。注射器で液体を注入する様子に似ていることから射出成形と呼ばれるようになりました。具体的な加工方法としてはまず材料を溶かして金型に流し込み、冷めて固まったら取り出して仕上げ加工を行います。この方法は複雑な形状など様々な形の部品を素早く大量に製造できるため、日用品など幅広い分野の製品を作るのに利用可能です。

射出成形機にはサーボモータで作動する電動式以外に油圧モータを使う油圧式や、サーボモータと油圧モータを組み合わせたハイブリッド式などがあります。機械は主に材料を溶かして金型に送り込む射出部と、金型をセットする型締部で構成されています。近年ではコンピュータによる数値制御が行われるようになっており、コントローラの制御で高速射出が可能な機種も普及しました。液晶モニターの導光板を専門的に成形する機種など、特殊な用途に使用される専用機も数多く流通しています。

射出成形機には材料であるペレットを投入するホッパーが設置してあり、シリンダー部分で材料の加熱を行います。液化した材料はノズルから射出され、2枚を合わせた金型の間に流し込まれます。射出成形は複雑な形状にも対応可能なだけでなく、加工後には仕上げなどの工程がほとんど必要ないので手間を省くことができます。連続して素早く大量に加工できるので生産性が非常に優れており、一旦金型を製作すれば材料を揃えるだけで加工が可能というメリットもあります。

射出成形のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*