切削加工を行う際の注意点について

切削加工は金属や木材、プラスチックなどの素材を様々な工具や装置を使って削ったり切ったりする技術です。素材や目的の造形に合った工具や装置を使えば、効率的に切削加工を行うことができます。彫刻刀で木材を削ったり包丁でリンゴを剥く行為なども一種の切削加工とされており、製造業の現場でもノミや鉋を使って人力で造形を削り出す場合があります。ただし多くの製造業の現場ではフライス旋盤や汎用旋盤などを使った作業が行われているだけでなく、NCフライスやNC旋盤による自動的な切削加工も行われています。

金属などを加工する場合には工具の刃が素材に当たり摩擦し合うことで抵抗力が生じます。素材の種類や面積、工具の回転速度などによって抵抗力の大きさが変化します。工具と素材の相性が合っていない場合には、高品質な造形を作ることができなかったり工具の耐久性が大きく低下することがあるので注意が必要になります。切削加工の方法は大きく転削と旋削に分類され、前者の代表的なものがフライス加工で後者の代表的なものが旋盤加工です。

転削は素材を固定して工具を回転させますが、旋削は工具を固定して素材を回転させるという違いがあります。フライス旋盤や汎用旋盤はスタッフが手作業で扱うので、抵抗力を軽減するため素材の特徴や回転速度などを適切に把握・調整しなければなりません。NCフライスやNC旋盤であればコンピュータが内蔵されており、加工条件を自動的に制御してくれます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*