効率的に切削加工を行うポイントとは

切削加工を効率的に行うには、素材や目的の造形に合った方法や工具を選ぶことが大切です。対象物を切ったり削ったりして造形を得る技術が切削加工であり、転削と旋削の2種類に分類できます。転削は工具を回転させて対象物を削る方法で、旋削は反対に対象物を回転させて削ります。フライス加工は転削の代表的な方法であり、フライス盤と呼ばれる工具を回転させて固定された対象物に当てて切削加工を行います。

固定されている対象物を平面や曲面に加工するだけでなく、穴開けや溝削りなども容易に行うことができます。製造業の現場ではスタッフが手作業で操作する汎用フライスだけでなく、コンピュータが制御するNCフライスなども使われています。汎用フライスはスタッフが工具の位置や送り、速度や切り込み量などを設定するため繊細で高品質な造形を仕上げることが可能です。NCフライスはコンピュータが内蔵されており、加工条件を自動的に制御してくれます。

自動運転なのでスタッフの手間や時間を省くことができるだけでなく、プログラムによって複雑な加工にも対応できるというメリットがあります。旋削の代表的な方法が旋盤加工であり、製造業の現場では汎用旋盤やNC旋盤が使われています。汎用旋盤はスタッフが送り操作や工具の交換を手作業で行うタイプで、固定した工作物を高速回転させて加工します。NC旋盤は加工条件をコンピュータで自動制御するタイプで、複数の工具を自動的に交換できるものもあります。

NCフライスやNC旋盤のように加工条件を自動制御する装置を使えば、経験の浅いスタッフでも効率的に高品質な造形を得ることができます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*