加工法の基本である「切削加工」とは

切削加工とは、工具を用いて金属などの材料を削ったり穴を開けたりする加工技術で、数多い製造加工法の中で最も基本となる加工方法のひとつです。簡単に言えば「削って形をつくる加工法」で、日常生活で使用する自動車や自転車から電化製品に至るまで、切削加工なしで製造されているものはほとんどないと言っても過言ではありません。切削加工で使われる材料はアルミ・ステンレス・鉄などの金属や、プラスチックや樹脂などの非金属など幅広く、複雑な形状の加工ができることや高精度な加工ができることが特徴です。切削加工には、大きく分けて旋盤加工とフライス加工、穴あけ加工の3種類があります。

旋盤加工は素材を固定し回転させる「旋盤」と呼ばれる機械と素材を削る「バイト」と呼ばれる工具を使用し、回転させることで削っていく加工法です。円筒形状の素材の外周を円形や先細形状にしたり、穴を広げる中ぐりやねじ切り、さらに溝を削りながら最後まで切断する突切りなどの加工ができます。主な製品にはボルトやシャフト、ノズルやコネクタなどがあります。フライス加工は、旋盤加工とは逆にフライス盤と呼ばれる切削工具を回転させて加工する方法です。

面を削り出したり段や溝を彫ったりするなどさまざまな加工が可能で、工具を使い分けることで複雑な形状の加工が可能です。フライス加工によって作られている加工品にはフランジやブラケット、シャフトホルダ―などがあります。穴あけ加工は、工具を回転させて素材に穴をあける加工です。使われる機械はボール盤と呼ばれ、穴をあけた後に穴の精度を高め表面をきれいにするリーマという工具を使います。

主に多面加工品や多軸加工品などの穴あけに使用されています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*