身近な製品にも採用している射出成形の優れた技術

一般家庭でも住宅内にはプラスチックを使った商品を見つけることができ、家庭用品から家電製品、自動車パーツや各種グッズ類など非常に広範囲でプラスチックは活用されています。大きなアイテムでも精密性の高いアイテムでも、殆どの事例で製造する際にはメーカーの工場で射出成形という技法で製造をしてます。射出成形は予め商品やパーツの金型を作る必要性があるので、一般的には大量生産品に向いている技法です。この金型に対して、材料となるプラスチックを用意して作動させると熱によって溶かされたプラスチックが先端のノズルから金型に押し込むという流れで製造されています。

タイ焼きのように金型に食材を入れて形成する方法もありますが、品質の高いプラスチック製品を作る際には、この方法は高い圧力を掛けることができる他、回転しながら射出を行う方法なので、商品にムラが出来てしまったり、中に気泡が入ってしまうことも無くなります。高圧により丈夫な製品を作ることができるのでメリットが豊富な製造法です。射出が完了すると冷却装置により製造した商品を完全に固めることも行えます。次の作業に素早く進めることができるように、プラスチックの材料を熱で溶かして先端でストップさせる機能性も標準的です。

金型さえ完璧であれば、射出成形は各プラスチック製品の精度を高めることができます。1ミリの狂いを生じさせない優れた機種を導入することで、信頼できる製造メーカーとして会社運営を行えます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*