造形作業で切削加工を行うメリットとは

切削加工は削ったり切ったりすることで目的の造形を得る技術で、製造業の現場ではコンピュータを内蔵した装置を使った加工が行われています。対象物を切削加工する方法には大きく分けて旋削と転削があり、前者は丸い素材を扱いますが後者は四角い素材を扱う点に特徴があります。旋削の代表的な方法は旋盤加工で、円筒形状の対象物を固定して回転させバイトと呼ばれる刃の付いた工具を当てて削ります。外形や内径の加工の他に、ねじ切りや突切りなどの加工が必要な場合には旋盤加工を行います。

転削の代表的な方法はフライス加工で、回転軸に備え付けられたフライス盤と呼ばれる工具を固定した対象物に断続的に当てて削ります。フライス加工には正面フライスや平フライス、エンドミルなど様々な種類の工具が存在します。平面加工を行うには正面フライスを使い、溝加工を行うには平フライスを使います。段差や側面の加工の他にキー溝の加工などを行う場合にはエンドミルを使うとよいでしょう。

切削加工を行う方法や工具には様々なものがあるので、最適なものを選べば効率的に造形を削り出せるというメリットがあります。ノミや鉋を使って人力で造形を削り出す方法も一種の切削加工ですが時間と手間がかかってしまいます。フライス加工ではNCフライスやマシニングセンタ、旋盤加工ではNC旋盤のようにコンピュータを内蔵した装置が存在します。これらのコンピュータを内蔵した装置は加工条件を自動的に制御できるので、効率的に高品質な造形を削り出すことができます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*