切削加工は様々な方法で行われています

金属や木材、プラスチックなどの素材を切削加工する方法には様々なものがありますが大きく転削と旋削の2種類に分類できます。転削とは工具を回転させて切削加工を行う方法であり、旋削は固定された工具を使って工作部を回転させて切削加工を行う方法です。フライス加工は転削の代表的な方法で、回転軸に取り付けたフライス盤と呼ばれる切削工具を回転させて作業を行います。旋削の代表的な方法は旋盤加工であり、円筒形状の工作物を回転させ主軸に固定してあるバイトと呼ばれる工具に当てます。

バイトは刃物状になっているので、回転する工作物に当てると削って造形を作り出すことができます。転削を行うために使われるフライス盤には工具を装着する主軸の方向によって立形や横型、門型などが存在します。正面フライスやエンドミル、溝フライスなどの工具を使って工作物の造形を作り出すことができます。この方法には表面を平面や曲面に加工するだけでなく、穴開けや溝削りなどの加工も容易に行えるというメリットがあります。

旋盤加工も旋盤を使って工作物の周囲を円形やテーパー状にしたり、穴を開けるなどの加工を簡単に行なえます。穴を広げる中ぐり作業やねじ切り、溝を削りながら最後まで切断する突切りなどの作業も容易です。フライス加工ではNCフライスやマシニングセンタ、NC歯車加工機などコンピュータを内蔵した装置が使われています。旋盤加工でもNC旋盤というコンピュータ制御を行う装置が使われており、切削加工の初心者でも一定以上の品質の造形を作ることができます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*