切削加工ならば美しい造形を作ることができます

切削加工とは金属や木材、プラスチックなどを切ったり削ったりすることで目的の造形を得る技術です。製造業の現場ではコンピュータを内蔵した機械を使って自動的に加工が行われていますが、ノミや鉋などを使い人力で切削加工が行われることもあります。彫刻刀で木材などを削ったり、包丁で果物の皮を剥いたりする行為も一種の切削加工です。加工とは原料となる素材に手を加えて新しいものを生み出すことですが、工業製品や建築物に限りません。

切削加工で使われる工具には単刃と多刃があり加工方法は転削と旋削、穴開けに分類されます。転削は工具を回転させて固定された対象物を削る方法で、フライス加工が代表的です。旋削の代表的な方法は旋盤加工で、円筒形状の工作物を回転させ固定した工具に当てて削ります。切削加工で使われる工具には単刃も多刃も様々な種類があるので、加工方法に合ったものを使います。

旋盤加工では主に丸い素材を扱いますが、フライス加工では工具を回転させて主に四角い素材を削ります。対象物が固定されているテーブルに回転している工具の刃を移動させて、滑らせるように削る点にフライス加工の特徴があります。旋盤加工では素材を固定して回転させる機械と、バイトと呼ばれる単刃の工具を使います。バイトには目的によって様々な種類があり、高速で回転している素材に当てて削ります。

硬い金属でも対応するバイトを使えば、柔らかい素材と同じように簡単に削ることができます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*