具体的な切削加工の方法について

切削加工とは専用の工具を使って金属や木材、プラスチックなどを削り造形を作り出す技術です。工作物の形状によって様々な方法が使い分けられていますが、大きく転削と旋削の2種類に分類できます。転削とは加工する工作物を固定して工具を回転させる方法で、旋削は逆に工作物を回転させる方法です。フライス加工は転削の代表的な方法で、回転軸に装着したフライス盤という工具を回転させて切削加工を行います。

工作物は固定されており、工具を断続的に当てて切削を行うので簡単に表面を平面や曲面に加工できます。また穴開けや溝削りなども容易にできるため、製造業の様々な現場で行われています。フライス盤には工具を装着する主軸の方向によって横型と立形、門型など様々な種類があります。正面フライスやエンドミル、溝フライスなどの工具を使って目的の形状を削り出します。

フライス加工では汎用フライスやNCフライス、マシニングセンタやNC歯車加工機などが使われています。汎用フライスは作業員が手動で操作するタイプで、NCフライスはコンピュータが条件を制御して加工を行います。マシニングセンタはNC制御を備えた工作機械ですが、フライス加工だけでなく複数の主軸に別この工具を装着できます。NC歯車加工機はコンピュータが内蔵されており、時計や自動車など様々な用途や形状に合わせた歯切り加工によって歯車を作ります。

旋盤加工では円筒状の工作物を回転させ、主軸に固定されたバイトと呼ばれる刃物状の工具に当てて切削加工を行います。円筒形状の工作物の外周を旋盤で円形や先細形状にしたり、穴を開けたり溝を削るなどの加工ができます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*