金型を使用する射出成形の特徴とは

射出成形ではプラスチック素材を加熱して溶かし金型に流し込んで製品を製造します。この方法で加工するための装置は射出成形機と呼ばれており素材の溶融と金型への流し込み、冷却や取り出し作業を1台で行うことができます。サイズに関わらず全ての射出成形機は型締めユニットと射出ユニット、コントローラーで構成されています。射出ユニットにはプラスチック素材を投入するホッパーと熱を加えるシリンダー、金型に素材を送り出す噴射ノズルなどがあります。

型締めユニットは金型の装着や開閉を行う部分で、素材の圧力に抵抗して金型を閉じたり素材の突き出しを行います。コントローラーは成形条件を制御する装置で、近年ではコンピュータが制御するタイプが広く普及しました。射出成形の速度や圧力の他にシリンダーや金型の温度、素材の射出量などの条件をコントローラーで指定して制御します。金型には可動部分と固定部分があり、可動部分が動いて固定部分に近づき金型が閉じることを型締めと呼びます。

溶けたプラスチック素材を金型内に注入すると強い圧力が発生しますが、締め付ける力が弱いと製品にバリが生じてしまいます。圧力に耐える型締力があるかどうかを事前に確認した上で加工を行う必要があります。可塑化とはシリンダー内でプラスチック素材に熱を加えて溶かすことで、シリンダー内部のスクリューが可塑化した素材をかき混ぜて温度を均一にします。さらに次に注入する素材の分量の調整も、スクリューの進み具合で行うことができます。

射出成形は1回で複数の製品を大量に製造でき効率的なので、様々な製造業の現場で行われています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*