射出成形でプラスチックなどを加工するには

射出成形はプラスチックなどの材料を加熱して金型に流し込むことで造形を得る技術です。最近ではコンピュータで制御された装置で射出成形が行われており、高速射出が可能なものもあります。サーボモータを使う電動式や油圧モータを使う油圧式、両方のモータを減り併用するハイブリッド式などが存在します。材料を加熱して金型に送り込む部分は射出部、金型がセットされている部分は型締部と呼ばれています。

射出成形を行うにはまず投入口であるホッパーに粒状のプラスチックを入れ、熱で暖めて液状にします。液状のプラスチックは射出部のノズルから送り出され、スプルーやランナーを通って成形部分に至ります。スプルーとは金型内の管路のことで、さらに分岐した部分がランナーです。成形部分で材料が冷えて固まったら、金型が開かれて成形品が外部に排出されます。

外部に成形品が排出された段階では完成しておらず、仕上げ加工としてスプルーとランナーを切り取って完成です。1回の射出成形で複数の成形品を製造するケースも多いため、溶けた材料は全ての部位に均等に流れ込まなければなりません。溶けた材料を均等にするためには、ランナーの長さを同じにするなど金型の形状を工夫する必要があります。この方法ならば1回の射出で様々な製品を大量に製造できるため効率的です。

精度の高い成形品を作るには材料となる樹脂の選択や金型の加工精度、射出時の温度や速度などが重要になります。様々な製品を効率的に製造するためには、これらの条件を熟知した上で射出成形を行うことが大切です。射出成形のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*