切削加工の技術には多くの種類がある

金属を加工して商品を作る方法のひとつに切削加工という技術があります。これは、文字どおり金属を削って加工を施す技術のことを言います。その技術はターニングとミーリング、それにドリリングという3方法が代表的なものになっています。そしてそれぞれの工程において、いくつもの種類の工具が使用されるのです。

ターニングは旋削加工とも言われていて、素材を回転させて削る技術のこととされています。いろんな素材を工具で固定したまま回転させ、それに鋭い削るための工具を当てて作業していくものです。素材を固定するのが旋盤、削る工具はパイトと呼ばれています。一方ミーリングはフライス加工ともいわれる旋削加工と逆の技術になります。

ターニングと反対に工具のほうを回して、素材を動かしながら手を加えるものです。こちらではどのような方法で加工を進めていくかで使用する道具も換えていかないといけません。だから、その特徴もよく知っておいてどの工具の組み合わせでどのような形の製品ができるのか把握しておくことも大切になります。要するに技術者の技術力が試されると言えるのです。

最後に紹介するドリリングは、道具を回して素材に穴を開けるだけというもの。しかし、私たちの生活で欠かせないネジやボルトといったものを作るのに必要欠くべからざる切削加工の技術です。切削加工を使って行う作業では、注意しなければならないことがあります。いろいろな種類の工具を使用して製品をつくるため、工具の消耗具合いや素材の特徴などをきっちり把握しておかないとムダな出費をしてしまうことがあるとのです。

それでいて、あまり慎重に作業を進めていけば思わぬ事故をしてしまうことがあります。工具の種類の多さが苦手という人がいますが、それをいかにして使うかは本人次第。作業の効率化に加えて安全性にもつながる考え方です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*