切削加工の種類には何があるのか?

切削加工は下記の基本になる手法の総称ですが、加工における種類があるのが特徴です。切削加工とは、工具を工作物に当てながら不要な部分を削り取る加工方法で、フライス加工や旋盤加工・穴あけ加工などの種類があります。穴あけ加工は、切削加工に限ったことではないのですが、材料に穴をあけたりねじ切りをするときの加工方法で、部品の多くは固定用の穴もしくはねじ穴があるけれど、工具を回転させながら穴をあけるときに利用するやり方です。フライス加工は、工具になる刃物を回転させてテーブルの上に材料を固定した状態で、材料の位置を調節しながら工具を当てて平面・曲面・溝などを加工する手法です。

回転運動を続ける刃が材料に次々と食い込んで不要な部分を削り取ります。旋盤加工は、機械加工の中で最も多く利用されている手法の一つになるのですが、材料を固定して回転させる旋盤と呼ぶ機械を使うのが特徴です。回転運動を続ける爪に素材を取り付けて鉛筆削りのような感じで素材を回転させながら削ります。他にも、研削加工やきさげ加工、NC加工などの種類もありますが、NC加工はフライス・旋盤・穴あけなどを自動化させた切削加工の種類の一つです。

ちなみに、NCはNumericalControl(数値制御)の略語です。研削加工は、高速回転している研削砥石を使ったもので、材料の表面を削り取る手法になります。きさげ加工は、高精度が求められる平面性が求められる時に利用される切削加工の種類の一つです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*