切削加工とはいったい何か

切削加工とはどんな加工のことを言うのでしょうか。工具を使用し、金属などの素材を削って加工する技術のことをこう呼びますが、工作する形状によって切削加工の方法はいろいろに分かれます。大きく分けて、加工する物を固定して工具を回転させる「転削」と工作物自体を回転させる「旋削」の方法があります。転削の代表的な方法はフライス加工で、回転軸に設置したフライス盤という切削工具を回転させて加工するものです。

工作物は固定して加工するため、工作物表面を平面・曲面に加工できる上に、溝削り・穴開け等多彩な加工をすることができます。フライス加工には、正面フライス・エンドミル・溝フライスなどの種類があります。旋削の代表的なやり方は旋盤加工で、円筒形の工作物を回しながら、主軸に固定するバイトという刃物の工具に当てることで、穴開け・ねじ切り・中ぐりなどを行うことが可能です。旋盤加工には汎用旋盤とNC旋盤があり、前者は送りの操作・工具の交換を手動で行い、後者は加工する条件をコンピューターで制御するため、初心者でも一定の品質で加工ができます。

切削加工道具に使う素材ですが、主な物としては、高速度工具鋼・超硬合金・セラミックス・サーメット・ダイヤモンド焼結体などがあります。これらの道具には硬さと強靭性があり、硬い道具であればあるほど、一般的には高速切削をすることが可能です。また強靭性が高い素材であれば、断続切削が可能となります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*