切削加工と、加工方法の種類について

切削加工(せっさくかこう)というのは、対象物を切り削る加工方法のことをいいます。用いるのは切削工具で、除去加工とも呼ばれています。どのような場面で切削加工が行われているかというと、金属の加工をはじめ、木材加工・プラスチック加工などの様々な造形作業で一般的です。多くの場合は機械力による切削ですが、人力で行われる鉋(かんな)や鑿(のみ)なども切削加工に含まれます。

金属のような硬いものを削るので、時間がかかり、困難な作業と思う人もいるかもしれません。しかし意外にも驚くほどスルスルとなめらかに削れていきます。切削加工を行う場合、単刃工具(刃が1つ)と多刃工具(刃が複数)を使う方法があります。それぞれにさらに種類があるので、加工方法に合うものを選ぶことが必要です。

加工の種類は3つに大別され、旋削加工(ターニング)、フライス加工(ミーリング)、穴あけ加工(ドリリング)です。旋削(せんさく)加工というのは、削りたい素材を固定させた状態で回転させ、切削工具に当てることで削る方法です。使用するのは単刀工具で、この工法で作られる代表的なものは、ボルト・シャフトなどの製品です。フライス加工というのは旋削加工とは逆で、回転しているのは刃の方という加工方法です。

削りたい素材が固定されているところに回転している刃を当てて削っていきます。穴あけ加工というのは、文字どおり素材に穴をあける加工です。この加工方法でボルト・シャフトホルダー・ネジなどの製品が作られます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*