切削加工でできること

物の形を変えるという加工を行って、世の中の製品はできています。溶かして固める、叩いて伸ばす、割るなどがありますが、削るというのは最も一般的に行われている加工の一つです。そのような処理を切削加工と呼びます。金属や木材などの固まりで存在しているものは、多くがこの加工によって形を変えて家や設備などに使われています。

切削加工でできることは、基本的に削るです。素材により硬く鋭利なものを当てて取り除きます。それを繰り返し行い、素材一方向のすべてを取り除くことが切断です。ハサミは圧力で二分するので、ちぎるになり少し異なります。

特に硬くて塊のものにたして行われるもので、建築資材の組み合わせの部分で複雑な構造を作るのに適しています。子供の頃にやったことのある版画もその一つです。工場などで使われる切削加工は、大型の設備を使って行われます。平らで平行移動するテーブルに素材を載せ、そこにより硬度の高い素材でできた刃を当てます。

当てる深さに応じて削れる分量が変わります。テーブルが反復移動を繰り返すたびに少しずつ高さを変えて、削って行きます。いっぺんに削らないのは、量によって必要なエネルギーが変わってきて、深くなるとより大きな力がかかって、刃が壊れてしまう恐れがあるからです。少しずつ削りながら設計通りの形状に近づけて行きます。

地道な作業ですが、高い精度でできるので、製品の品質が高くなり、不良も少なくなるメリットがあります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*