射出成形は生産能力の向上に役立ちます

主にプラスチックなど樹脂素材を加工する際に用いられる機器には、射出成形という機器があれば非常に便利です。メーカー企業として運営をする会社では、自社工場でプラスチックの加工を行っていることは多く、工業製品としてパーツ類を作る他に、身近なアイテムで使われているパーツでもこの技法で製造しているものは多数あります。プラスチックの加工では、同じ形状の金型を多数製造した上で、金型に樹脂を流し込むという昔ながらの技法もありますが、射出成形では従来の方法とは異なる流れで加工を行えます。プラスチック素材を流し込むタンクが備わっていて、熱が常に加わっているので液体状のプラスチックの状態を保ちます。

その後は金型へと溶かしたプラスチックを射出する方法で、加熱から形成、冷却までを瞬時に行えることが特徴です。一連の作業工程では、射出成形は機種により違いはありますが、自動的に製造作業を進めることができ、溜めておくプラスチックの残量さえ確認するだけで、同一のパーツ等を大量生産することに成功できます。古い技術の場合はプラスチック加工ではバリが出てしまう問題がありますが、射出成形では綺麗な仕上がりで連続使用を行っても品質を一定に保つことも可能です。導入後は人件費のコストカットを行える他、1つのパーツに対して掛かる経費を少なく出来るメリットがあります。

金型部分を商品に合わせて交換をする方法で、汎用性の高い機器として使えることも魅力です。穴開きや変形などを起こさずに、狂いの生じない製品作りには非常に貢献できる機器です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*