射出成形の原理を簡単に説明

射出成形機は、型締めユニットと射出ユニットの2つで構成されている加工機、両者のユニットの間には金型をセットして加工を行うのが特徴です。金型は射出成形に限らずモノづくりの中では欠かすことができない存在になりますが、射出成形に利用する金型は、無数の孔があり、温水・油・ヒーターなどにより温度管理が行われるのが特徴です。射出ユニットでは、ホッパーから材料を入れると内部にあるヒーターで加熱しドロドロの状態に溶かします。これをスクリューの回転によりユニット先端部にあるノズルに導き、圧力により材料を噴射させて金型内に充填させる仕組みを持ちます。

溶融した樹脂材料は、金型のスプールと呼ぶ部分から入り、ランナーやゲートなどを経てキャビティ内に充填されます。ランナーは、部品同士を接続する場合や1つの部品の数か所に材料がスムーズに流れるようにするためのパイプ役になるもの、そしてゲートは部品そのものに付いている材料の流し口にあたる部分です。ちなみに、プラモデルの部品も射出成形で加工されているケースが多くあるのですが、プラモデルの部品はパイプのような形をしている部分に複数の部品がくっついた状態で付いていますが、このパイプがランナーに相当します。そしてそのランナーの先には部品を取り外ししやすくするため、細くなっていますがここがゲートとなる部分で、ここから材料が入り込んで金型と同じ形になり冷却・固化して完成します。

射出成形のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*