切削加工の用途と発展とは

切削加工とは、金属板やプラスチックなどの立方体の様なプリミティブな素材を形あるものに変える行為です。また主に、工業製品の部品を生み出す分野の用語でもあります。金属加工品といえば鋳物などがありますが、昔は大きな部品は鋳物で制作する必要性がありました。現在ではかなり大きな部品も切削加工で制作することが出来る様になりました。

もちろんそれには大きな旋盤装置が必要ですが、切削加工の本領を発揮するのは実は細かい部品の分野となります。どれくらい細かいかと言えば、ナノメータ(10億分の1メートル)の精度を持った部品を作り出す事が出来るつまり切削加工とは、大きな部品から小さな部品まで多様な形状に対応できる加工技術なのです。旋削、フライス、ドリルなどの加工技術を駆使して製作されますが、本来、人間の手によって正確なスケーリングや仕上げが行われていました。しかしそのため生産性の問題が生じ技術革新が進み、生産性が増しました。

もちろん現在でも最後は人の手によって調整されるのですが、その時間が非常に短くすむようになったのです。極小の部品はダイヤモンドやレーザー光線を使った加工技術が必要です。この部品になりますと、一般の旋盤機械では太刀打ちできない分野で、特に最先端の加工技術はレーザー加工技術になります。そこまで技術を使って何を作っているのかといえば、印刷技術の薄さに肉薄する金属加工を行っています。

切削加工とはこのような最先端技術です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*