切削加工とはどのような加工技術なのか

切削加工とは、一般的に工作機械を使い金属などの材料を削ることや穴を空けたり希望の形にする加工技術です。より良い加工をするためには、大切な技術のひとつになります。工作機械は日本が得意とする分野であり、世界的に有名なものも多く誕生させ、世界各国で日本の技術力を活かした工作機械が使われています。工作機械にも様々な特徴があり、パラメーターを微妙に調節することなどで加工の精度を上げ、使いこなすことで切断や曲げ、やすりがけといったものの技術力を高め優れたものを作り出すことができます。

切削加工には、加工する工作物を固定し工具を回転させる「転削」と工作物自体を回転させる「旋削」の大きく2つの方式に分かれています。転削のひとつであるフライス加工とは、作業者が手動で操作し加工条件などで工具の位置、速度、切り込み具合などを判断し、高品質に仕上げることができるというものです。NCフライスは、コンピューターを使用し、3D、CAD/CAMを使い加工条件を制御、自動運転で行うことにより複雑な形状加工ができます。マシニングセンタはNC制御を備えた工作機械であり、直線・回転運動を組み合わせたり、穴開けや曲面加工といった異なることを行えることで、他の加工方法よりも複雑な加工をすることが可能です。

もうひとつの方式である旋盤加工とは、円筒形状のものを回転させ、主軸固定した刃物状工具を当てることで加工のことで、外丸削りや穴開け、溝を削りながら最後まで切断できる突切りなどができます。送り操作や工具交換も手動で行う汎用旋盤、初心者でもコンピューター制御により、良い品質で加工ができるNC旋盤があります。切削加工にも加工したいものによって使い分け、それぞれの持っている技術を使いこなせるようになることで、作業が効率化され、より仕事がしやすい環境を作るができるでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*