切削加工の種類と主な特徴

切削加工の種類には、単刃と多刃工具を使う方法があって、主にターニング・フライス加工・穴あけ加工があります。単刃、多刃は作業をするための道具で、一つか複数かの違いです。これにもいくつかの種類があり加工方法にあったものを使わないといけません。切削加工の種類の一つのターニングは、素材を機械で回転させ回転させた素材に切削工具をあてて削ります。

使う道具は旋盤の素材を固定し回転させる機会と、素材を削るバイトの工具を使い加工します。バイトは単刃で、色々な種類がありますが使う目的が決まっていて加工法も違います。バイトを高速で回転している素材にあてて削ります。金属のような硬い素材でも、容易く削れるのが特徴です。

フライス加工は切削加工の種類のターニングとは逆に、刃の方を回転させます。ターニングでは丸い素材を使いますが、これだと四角い素材を使います。材料が固定されているテーブルに回転中の刃を移動させて、滑らせるように素材を削っていきます。フライス加工で使う機材はフライス盤と多刃工具で、フライス盤には正面・平・エンドミルなどがあります。

穴あけ加工は言葉の通り、工具を回転させて素材に穴をあける加工のことで、テーブルの役割をするボール盤、穴を開けるドリル、開けた後に精度を整えたり表面を綺麗にするリーマを使います。見た目はどれも似ているものが多いですが、それぞれの工具に役割もあり穴あけ加工では必須なものです。ドリルとリーマは多刃工具です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*