切削加工の種類と内容

Exif_JPEG_PICTURE

日本の製造業を支える基盤加工技術である切削加工には、様々な種類があります。一般的に切削加工は、工作物を固定して工具を回転させる転削と、工作物を回転させる旋削に分類されます。転削の代表例としては、特殊な盤を回転させて行うフライス加工がありますが、このフライス加工もいくつかに分けられます。まず、手動で操作する汎用フライスです。

手作業であるため、微細で高品質な仕上がりが実現可能です。一方コンピューターで条件を制御して行うNCフライスでは、複雑な形状の加工を行うことができ、自動運転による省力化やコスト削減もできます。またNC制御や別個の工具を備えた工作機械マシニングセンタは、曲面加工や穴開けといった種類の違う切削を連続的に行えるため、複雑な形状に対応可能です。コンピュータを内蔵したNC歯車加工機においては、主に歯車の製造に使われ、自転車や時計など用途に合わせた歯切り加工を行います。

そして旋削の代表は、旋盤加工です。円筒形状の工作物を回転させながら行いますが、作業者が手動で行う汎用旋盤では、チャックという把持具で固定した工作物を高速回転させて加工していきます。これに対して、加工条件をコンピューターで制御するNC旋盤は、初心者でも平均以上の仕上がりが可能で、工具の自動交換による作業の効率化も実現できます。このように切削加工には多くの種類があるので、それぞれの特徴を正確に理解しておくことが重要であるといえます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*