素材や設備の性能によって違ってくる切削加工の速度

切削加工は工具類を用いて切削したい金属などの対象物を切り削る加工方法であります。似たような加工方法で大きな外力を与えて加工する塑性加工があります。分かりやすい事例では、美術の授業で彫刻刀を使って作品を作るのも切削加工です。切削加工は金属などを削る加工でありますので時間をかかってしまうと勘違いしてしまう人も多いですが、実際はしかるべき設備や技術があれば実際に加工時間はかかりません。

そもそも加工というものは、素材や材料に手間を加えて新しいものを作っていく工程です。その最たるものが料理です。つまり、大根を削って大根おろしを作るのも、包丁を使ってリンゴの皮をむくのも切削加工といえます。金属を加工する方法は単刃工具と多刃工具を使う方法があり大きく分けて旋削加工、フライス加工、穴あけ加工の3つの方法があります。

単刃工具と多刃工具の違いは、刃が1枚あるか複数あるかの違いなのであまり差がありません。旋削加工とは、素材を機械で回転させて、回転させた素材に切削工具を当てて削る方法です。金属工場の特集番組を見るとよく見るシーンではないでしょうか。その一方でフライス加工は旋削加工とは逆に材料を固定させて刃の方を回転させて加工する方法です。

穴あけ加工は、言葉の通り対象物に穴をあける加工方法です。いずれの方法をとるにしても、素材や材料の抵抗力や耐熱力、設備の性能などによって作業スピードが変わってくるので何をどうしたいかによって作業速度が違ってきます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*