射出成形の特徴を解説

金型を用いた成型法の1つとして行われるのが射出成形であり、合成樹脂などの材料を加熱して溶かすのが特徴です。溶かした後は冷やすことによって成型を完了させうことが出来ます。注射器で液体を送り込む様子に似ていることからその名が付きました。複雑な形状を含めた多様な形の部品を連続して製造することが出来るので、大量生産にも適しています。

日用品はもちろん、多様な商品の製造に使うことが出来ます。射出成形を行うときには専門の機器を用いる必要があります。その製品は生産の規模によって柔軟に変化させることが大切です。射出成形に使用する代表的な機器の1つにサーボモータが挙げられます。

サーボモータは電動式で起動するのが特徴となっており、電気さえ供給できればどこでも使うことが出来ます。油圧モータを用いたタイプもあります。油圧と電気の両方を上手く組み合わせることが出来るハイブリッド型も増えており、高い出力を持ちます。射出成形の機器の構造は、射出部と型締部で構成されています。

近年ではCNC化が進んでおり、コントローラの制御を行うことにより高速射出が可能となります。材料の投入口であるホッパーには、ペレット状の樹脂を入れていきます。それが搭載されているシリンダーの中で温められることによって液状となります。事前に入れた材料が冷えて固化したあとに金型が開きます。

非常に高度な技術を用いて重厚に作られた射出用機器は長く使うことができるので、コストパフォーマンスが極めて優秀です。射出成形のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*