切削加工の種類と特徴

世の中で使われている製品は全て誰かが作ったものです。完成品を使っている分には何も感じなくても、よく考えるとこの硬い金属をどうやって加工しているんだろうかと疑問に思う事もあるかもしれません。特に硬い金属は切削加工などを用いて加工、生成されています。製品自体が堅いので切削加工する側の機械もそれ専用のものを使いますが、単に硬さで勝るというよりは細かいトゲトゲや回転で加工するのです。

有名な工具としては旋盤があります。素材を万力で固定し、回転している刃を当てて0.1ミリ単位で削っていきます。回転させることで切削加工する部分の誤差をなくし、匠でなくても誰でも正確に削れるのが特徴でしょうか。加工すると金属は熱を帯びるので油を差して潤滑をよくしたりしながら加工を行う特徴があります。

フライス加工は分かりやすいもので、ドリルで穴を空けるタイプの加工が行えます。こちらもドリルを高速で回転させることで威力を出していますが、ドリル自体も硬い素材を使用しています。削りカスが大量に発生するという特徴があり、削りカスでも金属で硬いために目に入ったりしないように注意しながら加工を行うのです。ドリルは真下に穴を空けるタイプのものと、横方向に削っていけるタイプのものがあるので用途に合わせて付け替えて使用します。

最近ではコンピューター制御でそれこそ誤差なく加工出来る仕組みも登場しており、熟練の技術者でなくても正確な加工が可能になっています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*