切削加工の特徴や種類

切削加工は様々な製造加工法の中で、最も基本の加工技術のひとつで機械加工とも呼ばれています。旋盤やフライス盤、NC盤やマシニングなどの工作機械を使用し、材料を切ったり削ったりして不要となる部分を取り除き、注文通りの形状や大きさに加工することです。切削加工の特徴は、複雑な形や高精度の加工ができること、多品種少量生産でもコストが安いこと、またどのような材料でも加工が可能です。アルミやステンレス、鉄や黄銅などの金属以外にも、プラスチックや樹脂といったものも材料として加工することができます。

電気や電子、産業機械や医療機器などの様々な分野の部品製造に活用されており、切削加工したこれらの部品は、製品の中に組み込まれます。一般の人が目にする機会は少ないですが、それだけに高い技術と精度が要求されることも特徴です。固い金属が削られていく様子は驚くほど滑らかで、削りにくく長い時間がかかると思われがちですが、想像以上の速さで仕上がります。切削加工には短刃工具と多刃工具を使う方法があり、大きく分けると旋削加工(ターニング)、フライス加工(ミーリング)、穴あけ加工(ドリリング)の3つの種類があります。

単刃工具・多刃工具ともに様々な種類があり、それぞれの加工方法に合った工具を使う必要があって、加工の方法によって工具が一つ一つ違うことも特徴的です。切削加工の職人を目指している人は、使用する工具や加工の技術など覚えなければならないことがたくさんあります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*