切削加工とはどういったものなのか

鉄や非鉄金属を扱う企業では、精密な機械を使用して製品を完成させる工場もあります。工場で扱っている精密な機械にもさまざまものがあり、材質にもよりますが、切削加工ができる精密な機械を導入している企業もあります。切削加工とは、材質が鉄や非鉄金属など硬い材質のものを削って製品にする時などに用いられますが、大量生産する時などは、治具というものを精密機械に取り付けて、材料を治具に取り付けて切削加工を開始します。切削加工とは、精密機械に専用の工具が付いていて、その精密機械を操作して専用工具で材料を削って製品にしていきます。

精密機械を操作する時、工具の1分間当たりの回転数や切削速度という1分間にどのくらい進むのかという条件などを入力し、どこを加工していくのか専用のプログラムも入力して材料を加工していきます。切削加工とは、精密機械で材料を加工するので、高精度の製品を作成することができるので、大量生産する時なども精密機械を使って操作する場合もあります。大量生産する時は、加工条件やプログラムの確認など生産開始する前に入念にチェックしてから、加工します。加工が1つ終わると、図面を見ながら寸法が合っているか確認していきます。

一通り良ければ、治具に材料を取り付けて大量生産していきます。大量生産の場合、序盤と中盤と終盤にそれぞれ指定された寸法をチェックして精度を保つようにしています。こういった流れで加工していきます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*