切削加工とは対象物を切削工具で切り削ることです

切削加工(せっさくかこう)とは、対象物を切削工具類を使用して切り削ることをいいます。除去加工とも呼ばれ、この加工方法は金属加工を中心に、プラスチック加工や木材加工などに利用されます。一般的な加工手段であるとともに、多様な造形作業に役立っています。彫刻刀や鉋(かんな)や鑿(のみ)等の人の手による作業も切削加工に含まれますが、多くの場合は専用の機械や工具を使用して行われています。

金属などの一部を取り去るための加工法には切削と研削があります。切削は対象物に専用工具を押し付け、金属の表面を剥ぎ取るようにして削る方法です。一方、研削は砥石を使用し、金属の表面を削る方法です。このように金属を加工する方法の一つである切削加工ですが、金属であってもなめらかに削っていくことが出来ます。

切削加工には単刃工具と多刃工具を使う方法があり、大別するとターニング(旋削加工)、ミーリング(フライス加工)、ドリリング(穴あけ加工)の3種類があります。旋削加工(せんさくこかこう)では対象物を機械に取り付けて回転させ、それに切削工具を押し当てて削っていきます。対象物が回転しているので、丸物加工とも呼ばれています。フライス加工は旋削加工とは対照的で、回転するのは刃の方です。

旋削加工が丸い形状に仕上げるのに対して、フライス加工では平面の仕上がりとなります。固定された対象物の上を、刃が滑るように回転して削るのが特徴です。穴あけ加工は文字どおり、工具を回転させて対象物に穴をあける加工です。切削加工とは物作りの現場において不可欠な加工方法であり、金属加工の場合は特に危険とも隣り合わせで、難易度の高い作業といえます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*