切削加工の種類について

切削加工とは、切削工具を使って金属などの材料を削る技術です。ものづくりの基本となる技術となりますが、一口に切削加工と言っても「旋削加工」「フライス加工」「穴あけ加工」など様々な種類が存在します。旋削加工は、材料を回転させて、そこにバイトという刃物状の工具を当てることで削る方法です。主に丸い形状に削る際に使用される方法で、旋盤加工とも呼ばれます。

旋削加工で作られている製品としては、ボルトやシャフト、ニップルといったものが挙げられます。フライス加工は、工具を回転させることで対象を削っていく方法です。旋削加工は主に丸形状を形成する際に使用しますが、フライス加工は主に角形状を形成する際に用いられています。また、正面フライス・平フライス・エンドミルといった工具を使い分けることで複雑な形状に削っていくことが可能です。

フライス加工で作られている製品としては、フランジやブラケット、シャフトホルダーなどが挙げられます。穴あけ加工は、文字通り対象に穴をあける方法です。対象となる材料を固定して、そこに回転させたドリルやリーマと呼ばれる工具を当てることで、穴やねじ穴をあけていきます。また、切削加工には、高速で回転させた研削砥石によって対象の表面を削り取る「研削加工」や、機械では実現不可能な精度の平面性が求められる場合に人の手によって行われる「きさげ加工」といった種類も存在します。

このように、切削加工には様々な種類があるため、目的とする形状に合わせて適切な方法を選択することが大切です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*