種類ごとの切削加工の特徴をおさえよう

文字通り、切削用の工具などを用いて対象物を切って形をつくっていく切削加工には、手法の種類がたくさんあります。その中でも特によく用いられている切削加工の種類は、旋盤加工とよばれる手法です。これは、旋盤とよばれる機械で対象物を回転させながら、バイトという刃物状になっている工具にあてて加工していく方法で、筒状のものを円形やテーパーにしたり、穴を開けたりひろげたりしたいときに用いられます。これに対して、複数の刃が付いたフライスという切削工具を高速回転させて、対象物の位置を調節しながら切削していく方法はフライス加工と呼ばれ、金属を削って工作物をつくりたいときに用いられています。

単純に対象物に穴をあけたり、ねじ穴をつくる手法を穴あけ加工と呼びます。この手法も切削加工の種類の中では比較的よく行われており、旋盤加工やフライス加工などとともに機械による数値制御でしばしば自動化されます。この複数の加工法を組み合わせた上で自動化させる手法は、NC加工と呼ばれています。研削加工は、研磨砥石を高速で回転させた状態で対象物を近づけて表面を削っていく手法です。

研磨砥石の中には非常に硬い物質でできた切刃がたくさんはいっており、金属より硬い物質を加工したいときや、表面を滑らかにしたいときによく利用されています。ここまでの加工法はすべて機械を使用して作業が行われますが、なかには人間による手作業で行われる手法もあります。それがきさげ加工で、スクレーパーという工具をつかって対象物の表面を1000分の1ミリもの精度で削り取っていき、均一な平面をつくっていきます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*