立体的な表現に欠かせない切削加工の技術

立体的な表現の変化をさせることを切削加工といいます。彫刻などは、切ったり削ったりして完成させますが、まさにあれです。美術品であれば彫刻刀をつかいますが、工業製品では機械をつかった加工がおこなわれています。果物の飾り切りも一種の切削加工といえますが、人間の手だけで絶対に加工できない、分厚い金属を削ったり切ったりすることが専用の機械をつかえば可能です。

特殊な刃物を使用したり、加工対象を適切に動かしたりして完成品に近づけていきます。切削加工というのは派手に見た目を変化させることだけでなく、調整のための研削加工などの作業も含まれます。これは主に最終工程でおこなわれ、高度な技術をもった人が手作業でおこなう場合もあります。彫刻を加工する際にはあまりつかわれない手法ですが、工業製品などでは、工作物を高速回転させながら加工する場合があります。

逆に、工具を回転させて加工する方法も一般的です。穴をあけるのも切削加工です。建築現場では、ノミやカンナをつかって職人さんが手作業で木材を加工する場面が見かけられますが、機械をつかって実現することが可能です。人の手指では加工できないような小さな作業が求められる場合があります。

また加工しなければならない数が多い場合、機械を稼働させることで大量に、しかも手際よく処理できます。かたい金属もですが、加工中に破損しやすいプラスチックの切削加工も容易です。さまざまな素材を、まるでやわらかいクリームをすくいあげるように丁寧に削ってくれます。切削加工のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*